いびき・睡眠外来

 睡眠中にひどくいびきをかいたり、呼吸が止まったりする方はいらっしゃいませんか?睡眠中に、呼吸が10秒以上停止したり、呼吸が弱くなった状態が何回も起こる状態のことを睡眠時無呼吸といいます。呼吸の停止により脳が酸素不足を感知し、呼吸を回復するために一時的な覚醒を促すので窒息することはありませんが、この呼吸状態を一晩に何度も繰り返すことで、睡眠不足による昼間の強い眠気や、様々な病気を誘発することがわかっています。

また、歯ぎしり・咬みしめ・食いしばりといった歯や顎に負担をかける口腔内の悪習癖(ブラキシズム)は、歯や顎などに悪影響を与えます。歯ぎしりをしている人の割合は高いとされ、自覚していない人は少なくありません。これらは、歯周病や虫歯、顎関節症のリスクを高めるだけでなく、肩こりや頭痛などの原因にもなるため、適切な対処が必要になります。

歯ぎしり

 

いびきのある方は、一度検査を受けてみましょう!

 睡眠時無呼吸の患者数は国内で約200万人、日本人の2~4%が罹患しているといわれています。高血圧や糖尿病などの生活習慣病を患っている方では、さらに高い確率で睡眠時無呼吸を合併していることが分かっています。特に、薬が効かない高血圧(薬剤抵抗性高血圧)の方の約80%に睡眠時無呼吸が合併しており、原因は睡眠時無呼吸ではないかと言われています。

睡眠時無呼吸を放置すると、糖尿病になるリスクは約1.5倍、高血圧は約2倍になるだけでなく、虚血性心疾患は約3倍、脳血管障害は約4倍となり、最悪の場合は突然死を引き起こします。また、中等症以上の睡眠時無呼吸を放置すると8年後の生存率は治療を受けた方に比較して約63%にまで低下します。睡眠時無呼吸が原因による眠気から交通事故などのアクシデントを起こす可能性もあり、これらを防止するためには、何よりも睡眠時無呼吸の早期発見と治療が必要です。

 

主な症状

下記の項目に一つでも当てはまるものがあれば、是非一度担当医、スタッフにご相談ください。

☑︎ 毎晩、大きないびきをかく

☑︎ 睡眠中に「呼吸が苦しそうだ」あるいは「呼吸が止まっている」としてきされたことがある

☑︎ 朝起きた時、疲れが残っていたり、目覚めがスッキリしないことがある

☑︎ 朝起きた時、頭痛口渇がある

☑︎ 昼間、我慢できないほど眠くなることがある

☑︎ 集中力がない

☑︎ 夜間よくトイレに行く

☑︎ 肥満傾向である

☑︎ 高血圧症である

 

 

治療の流れ

 いびき・睡眠時無呼吸・歯ぎしりの専門外来は毎週火曜日の午前中に行っております。また、曜日が合わない方へもオンライン診療にて対応しております。検査の結果治療が必要な方には、医科歯科連携をして最適な治療方法を提案致します。

 

流れfree

 

 

当院での口腔内装置(マウスピース)治療

 睡眠時無呼吸の検査の結果、口腔内装置による治療が適応となると、当院で装置の作製・調整を行ってまいります。口腔内装置により、下顎を前に出すことによって気道が広がり呼吸しやすくなり、いびきを抑えることができます。

ソムのデント

※保険診療で口腔内装置を作製する場合には、事前に医科での睡眠時無呼吸検査および診断が必要となります。

 

 

担当歯科医師

葭澤 秀一郎 歯科医師、歯学博士
 
経歴
2008年3月:昭和大学歯学部卒業

2013年3月:昭和大学歯科補綴学講座 大学院修了(歯学博士)

2013年4月:昭和大学助教

2014年4月~2016年3月:南カリフォルニア大学客員研究員 睡眠時無呼吸、睡眠時プラキシズム(歯ぎしり)を専門に学ぶ

2018年3月:昭和大学歯科補綴学講座 退職 兼任講師就任

2018年12月:テキサス大学サンアントニオ校 補綴科 Preceptorship program開始

2019年6月:プログラム終了後帰国

2019年7月:睡眠歯科リサーチセンター東京 開設

初診専用(初めての方)

インターネット予約はこちら

                                予約

※再診(2回目以降)の方はお電話にてご予約下さい。
無断キャンセル及びやむを得ない場合を除いて予約直前(3日前)のキャンセルはご遠慮ください。

 

インプラントは、天然の歯と同じように噛むことができて、見た目にも天然の歯とほぼ変わらない治療法です。しかし、インプラントにはデメリットも存在します。ここではインプラント治療のメリットとデメリットを、それぞれご紹介しましょう。

インプラント治療のデメリット

費用が高い

インプラントは健康保険が適用されない自由診療にあたるため、治療費が高くなります。

インプラント治療にかかった費用は、医療費控除の対象となります。確定申告のときに申請すると、所得総額と治療費に応じて所得税が一部戻ってきます。またデンタルローンをご利用いただければ、月々無理のないお支払いで治療が可能です。

手術が必要

入れ歯やブリッジと異なり、インプラントは外科的手術が必要です。

治療期間が長い

入れ歯やブリッジに比べて治療期間が長くなります。人工歯根とあごの骨がしっかり結合するまでに、三ヶ月以上、骨造成を行う場合半年以上かかることもあります。

アフターケアが必要

インプラントを長持ちさせるためには、毎日のセルフケアや、定期的な歯科医院でのメンテナンスが必要です。

体調によっては治療が受けられない

糖尿病や重度の全身疾患や歯周病がある場合、妊娠中の場合は、治療ができない場合がございます。インプラント治療の前に、病気の治療が必要となります。

インプラント、入れ歯、ブリッジの違い

天然の歯が抜けてしまった場合、何らかの方法で補わなければいけません。歯は互いに支え合うことでしっかりとした噛み合わせを作っているので、抜けたままにしておくと、他の健康な歯までが影響を受けてしまうのです。

抜けてしまった歯を補う方法としては、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3種類が考えられます。それぞれメリットとデメリットがあるので、特徴を比較してみましょう。

インプラントはあごの骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そこに人工の歯を取り付ける方法です。歯はいったん取り付けたら、日常的に取り外すことはできません。

入れ歯は、残っている歯に金属のバネを引っかけて、取り外しのできる義歯を固定する方法です。健康保険で治療ができるので、治療費を抑えられます。また保険外で作る義歯もあります。

ブリッジは、周囲の歯を削って土台にして、被せ物を固定する方法です。義歯はセメントで固定されるので、いったん取り付けたら日常的な取り外しはできません。

患者さまによって、どの治療法が適しているのかは違ってきます。当院では患者さまのお口の中を総合的に診断して、一人一人に合った治療法をご提案しています。

ブリッジの特徴

・周囲の健康な歯を削らなければならない

・土台となる歯に負担がかかる

・隙間に食べ物が詰まることがあり、虫歯や歯周病のリスクが高くなる

・保険内でも治療できるので、治療費を抑えられる

入れ歯の特徴

・入れ歯を支える歯に負担がかかる

・天然の歯よりも噛む力が弱くなる

・見た目から、入れ歯であることが分かってしまう

・装着していると違和感がある。また外れたり、動いたりする場合がある

・長年使っていると合わなくなるので、定期的な調整が必要となる

・保険内でも治療できるので、その場合治療費を抑えられる

インプラントの特徴

・周囲の健康な歯に負担をかけることがない

・天然の歯とほぼ同じように噛める

・外見が天然の歯とほとんど変わらない

・義歯が入るまでの治療期間が、入れ歯やブリッジより長くかかる

・自由診療のため、治療費が高額になる

・全身状態や既往症によっては、治療が受けられないことがある

設備について

インプラント治療ではまず、患者さまのお口の中の状態をできる限り詳しく知ることが重要になります。当院では歯科用CTを使って、あごの骨の厚みや質、神経や血管の位置といった情報を把握しています。

さらに当院では、歯科用CTで撮影した立体画像を元に、コンピュータ上での手術シミュレーションを行っています。事前にシミュレーションを行うことで、より正確かつ短時間での手術が可能になります。

手術時間が短くなるほど、痛みや腫れ、感染症などのリスクも抑えられます。患者さまに安心して手術を受けていただけるよう、設備面からも配慮しています。

インプラント治療には、いくつかの方法があります。その中でも代表的な2回法を例に、インプラント治療の流れをご紹介します。

費用について

インプラントと一口に言っても、患者さまによって細かい治療の内容は異なってきます。そのため、一律に治療費を提示することはできません。ここに挙げた治療費はあくまで一例として、参考にしていただけると幸いです。

 

1本あたりのインプラント治療費の合計 40~50万円

内訳

手術費 3万円~
静脈内鎮静法(麻酔) 6万円~
インプラント構造体(フィクスチャ) 15万円~
インプラント構造体
(アバットメント)
3万円~
インプラント構造体(人口歯) 15万円~
骨造成 5万円~
サイナスリフト 15万円~
薬品代 1~2万円
仮歯 1万円〜

 

 

手術例 インプラント1本(麻酔、骨造成なし)

手術費 3万円~
インプラント構造体(フィクスチャ) 15万円
インプラント構造体
(アバットメント)
3万円
仮歯 1万円
人工歯(ジルコニア) 15万円

 

合計37万円

※その他に、薬品代、型取り代などがかかります。 

よくあるご質問

Q.外見から、インプラントしていることが判ってしまいますか?

A.インプラントの義歯は、患者さま一人一人に合わせて、オーダーメイドで作成しています。天然の歯と比べても、ほとんど見分けがつきません。人前に立って話すようなお仕事をしている方でも、安心して治療していただけます。

Q.インプラントの寿命は何年くらいですか?

A.患者さま一人一人の骨の状態や、定期検診の受診率によって異なりますので、一概に言うことはできません。ただ、アフターケアがしっかりできていれば半永久的に機能します。

Q.インプラント治療に年齢制限はありますか?

A.あごの骨が成長しきっていない未成年の方には、インプラントはお勧めできません。高齢の方の場合、あごの骨の状態が良く、健康に問題がなければ、年齢の上限はありません。

staff staff blog