症例集

精密根管治療(マイクロエンド)とセラミック治療を行った症例

術前

症例

左上の前歯の根元から膿が出ています。また、前歯の被せ物も根元が黒くなってしまっています。レントゲンを撮ると、以前の根の治療をされた時にしっかりと根の中が封鎖されていなかったため、細菌が繁殖し膿んでしまったことがうかがえます。

 

 

 

術後

症例

精密根管治療後、症状はなくなり、膿の出口があった歯茎も綺麗に治りました。被せ物も精密審美セラミック治療を行い、自然なご自身の歯のように仕上がりました。


外科的な根の治療(マイクロサージェリー)を行った症例①

術前

他院にて根の治療を行っているが、なかなか治らず、抜歯と言われたためセカンドオピニオンで来院されました。根の先がレントゲンで黒くなっているのは、骨が溶け膿が溜まっているためです。

ヒビなどはなかったので、通常の精密根管治療を行いましたが、治りが悪かったため外科的な処置を追加で行いました。

術後

free
手術直後

手術直後。根の周りはおおきく骨がなく、レントゲン的には黒い影に見えます。

現在

3年以上経過し、現在も全く問題なく機能しています。根の周りにあった黒い影もなくなり、骨が完全に回復していることがわかります。

外科的な根の治療(マイクロサージェリー)を行った症例②

術前

 

右上の奥から二番目の歯の根の先が膿んでいて、歯茎から膿がでていました。レントゲンで根の先が黒くなっているのが膿のある部分です。

精密な根の治療を行いましたが、治りが悪く症状が完全に消失しなかったため、追加で外科的な根の治療を行いました。

術後

術後、症状はなくなり、お口の中でしっかりと機能しています。レントゲンで黒く見えていた膿があった根の先の骨も、完全に回復しています。

staff staff blog