歯を白く見せたい

当院の精密審美治療とは?

白く美しい歯で思い切り笑いたい――審美歯科はそんな患者様の願いをかなえるべく、高度な技術によって白く、美しい歯並びを実現します。しかし、患者様は見た目の美しさのみを望んでいるのでしょうか?

例えば、美しい前歯を入れた数ヶ月後に、歯茎が赤く腫れてしまったとしたら。銀歯をセラミックに変えた一年後に虫歯になってしまったとしたら。見た目はきれいだけど、噛み合わせが合わず、食事がしにくくなってしまったとしたら。誰もこのようなことは望んでいないでしょう。単に歯を削って形を変えたり、歯を白くしたりするだけでは「本当に美しい歯」を得ることはできません。


審美歯科は歯を白く見た目を美しくすることだけでなく「口の中で長く機能する」ことを前提とした治療を行わなければ意味がありません。根や歯周病などの治療もしっかりと行い、「見た目はいいけれど歯茎が腫れている」等といったトラブルを予防する必要があります。そのために審美的治療に入る前には、まず歯を美しくする前に口腔内を健康な状態に戻すことが重要なのです。

当院の審美治療

当院では、見た目の美しさはもちろん、歯の健康を損なうことのない精度の高い被せ物を入れるため、マイクロスコープを使用した治療を行っています。また、治療に入る前にまずは患者様の口腔内の状況を診察し、歯周病などの疾患や、顎関節の異常なども確認。元々の歯の大きさや色、そして噛み合わせの状態など細部にわたる調整を行いながら、長く美しい歯を維持できるよう、高い機能と健康に裏打ちされた審美歯科治療を提供します。

メタルフリーな治療

現在歯科治療において主に使用されている材料は金銀パラジウム合金やアマルガムというもので、俗に言う銀歯です。比較的安価であり、耐久性もあるため保険治療の主役として長年使用されてきました。
しかし、昨今金属アレルギーへの不安や見た目の悪さ、または歯グキへの悪影響など様々な問題が指摘されています。 当院では金属を一切使用しないメタルフリー治療を積極的に行っており、その高い審美性や機能性を提供しております。

審美治療のメニュー

オールセラミック(被せ物)
特徴:オールセラミッククラウンはメタルボンドクラウンに比べて光の透過性があり、光の反射がよいのが特徴です。また、歯の根本が黒ずむなどの問題も起こりません。患者様の元の歯に合わせた自然な色調の歯を再現することが可能です。

 

■ジルコニアセラミック(被せ物)
特徴:ジルコニアは酸化ジルコニウムを安定化させた素材です。人工ダイヤモンドと同じ元素をもち、強度と耐久性があるのが特徴です。その特徴から、強い力のかかる奥歯やブリッジで使用されることが多い素材です。
フレームにジルコニアを使用した被せ物は、金属フレームとは異なり表面に色が透けないことが特徴です。ジルコニアをフレームとして用い、表面のセラミックで色調を調整することで、自然で透明感のある被せ物を作製することができます。

 

■ラミネートベニア(表面にのみ貼付け)
特徴:ラミネートベニアとは歯の表面を薄く削り、つけ爪のような薄いセラミックを貼りつける治療です。薄いセラミックを歯に貼り付けることで、希望した歯の色や形に近づきます。

色や形など、歯にコンプレックスがある方は、ラミネートベニア治療も一つの選択肢です。

 

■セラミックインレー(詰め物)
特徴:セラミックインレーは、透明感があり変色しにくいという特性から審美性に優れているだけでなく、レジンよりも丈夫で耐久性があるという利点があります。
また、虫歯治療の詰め物としてセラミックをお選びいただく以外にも、以前に治療した銀インレーをセラミックインレーに交換される方が増えてます。古くなった銀インレーが黒ずんで虫歯のように見えたりすることが気になり、お口を開けることに抵抗を感じられ、審美性を求めてセラミック治療をお選びいただく患者様もいらっしゃいます。

 

■ゴールドクラウン(被せ物)
特徴:ゴールドは通常の金属より少し柔らかく、そのため歯とかぶせ物の隙間を緊密に封鎖できます。この特徴により、そこから二次カリエスになる事を予防できます。また、摩耗率が歯に近いため、咬み合わせの歯が摩耗する事を防げます。

 

■ダイレクトボンディング
特徴:ダイレクトボンディングは、色や透明感はまるで天然歯のようなプラスチック素材を、歯の表面に貼り付けるという治療法です。金属のように目立たず、白い歯を演出できるため自然に歯を見せて笑顔になれるなど、審美的にも大きなメリットがあります。

 

■ホワイトニング

ホワイトニング

staff staff blog