歯の根の治療

根管治療が大切な理由

根管治療(歯の根の治療)とは、虫歯が深く侵攻し、歯の中心部にある「歯の神経(歯髄)」まで菌が侵食したときや、以前に受けた治療で取り残しや不完全な封鎖があるために、細菌が繁殖して根の先が膿んでしまっている状態の歯に行う治療です。

被せ物などの土台ともなる歯の根の治療がしっかりとされていなければ、どんなに綺麗な被せ物を入れても、再発した場合、被せ物もやり直さなければならなかったり、抜歯が必要になってしまう場合もあります。
つまり、土台となる歯の根の治療を適切に行うことが、歯を長く残すためには最も大切な処置だといえます。

根管

あなたの歯は、しっかりと治療されていますか?

「神経を取った歯はもう痛くなることはないはず」と思っている方がいらっしゃったとしたら、それは大きな間違いかもしれません。当院には「神経を取ったはずなのに歯が痛い」「なんども治療を繰り返している」という悩みを抱えた患者さんがたくさんいらっしゃいます。

これはお口の中のは皆さんが想像している以上の細菌が存在しているため、少しの隙間でも歯の中に侵入してしまいます。また、マイクロスコープを使わない根の治療では手探りになってしまうため、手の感覚と勘に頼って感染を取り除くしかなく、感染の取り残しが多く存在してしまうことが大きな理由の一つとなっています。

根管 根管

また、歯の神経は一本ではなく、歯の中で細かく枝分かれして存在しています。そのため、肉眼では処置できるはずの根管がみつけられなかったり、器具が届かない隙間などが存在します。そこで細菌が繁殖することによって、病気の再発などが起こってしまうのです。

根管治療の成功率は?

根管治療の先進国、アメリカでは、90%以上の成功率と言われていますが、それに対して日本では40~50%と言われています。

この差が根管治療を「保険のみ」で対応してきた日本の現状で、国民皆保険はあくまでも平均的な医療を平等に提供するためのものであって、その優先基準は『より良いもの』ではありません。より良い根の治療法(根管治療)があっても、保険ではできないのです。

 

注釈:根管治療の成功率は症例ごとに異なります。詳しくは担当医にお聞きください。

当院の精密根管治療(マイクロエンド)の特徴 ~顕微鏡の使用~

当院では、口の中を20倍に拡大できるマイクロスコープ(顕微鏡)を使用した精密根管治療を行っています。それにより、肉眼は見えることができなかった歯の根の部分も拡大しながら治療を行うことができ、悪い部分だけをピンポイントで除去、根管内部を確実に殺菌することが可能となります。
これまで、歯の根の先に膿が溜まった場合、治療と再発を繰り返したり、「歯を抜くしかない」と言われていましたが、この精密根管治療によって歯を抜くことなく、長く使えるようにすることも可能です。

   

穴が見逃されていることもある

 

ヒビは肉眼ではなかなか見えない

 

汚染をより明確にできる

  

根の病気の理由は、単純に『細菌』によるものなので、細菌を『排除すること』と、細菌を『侵入させないこと』に最善を尽くすことで良好な治癒が期待できるのです。

治療 治療  

 治療時は、根管内への唾液等の侵入による細菌感染を防止するため、歯に薄いゴムのシート「ラバーダム」を装着した上に、わずかな隙間も埋めて治療します。また、完全滅菌された器具やディスポーザブル(使い捨て)の器具を使用し、細菌のいない環境下でより精密な治療を行っています。

こんな症状の方にお勧めします

  • 歯の根の治療を繰り返しているが治らない
  • 他院で「歯を抜くしかない」と言われた方
  • 他院で神経を取らないといけないといわれた方

複雑な神経の形をしている、根の外側に感染している場合など、細菌や変質部が除去しきれず「何度治療しても治らない」という結果になってしまうことも。精密根管治療によって細菌の数を劇的に減らし、しっかり封鎖することで再度の増殖を予防することができます。

マイクロエンド(精密根管治療)を特にお薦めしたい方

・初めて神経の治療をする方
神経を温存できる場合があります。


・他院で神経を取らないといけないと言われた方
初めての治療こそ、安全で確実な治療をお薦めします。もっとも再発のリスクが少なく、歯を削る量も最小限のため将来歯が割れる危険性も小さくすることができます。


・根の治療を繰り返しているが、治らない
何度も治療を繰り返すほど、歯の寿命は短くなってしまいます。

 

・根の治療済みの歯の被せ物を新しくする
被せ物を入れた後に根の治療が必要になった場合、また被せ物からやり直さなければいけません。

近隣の先生方へ

当院では、マイクロスコープを使用した精密根管治療で、これまで「抜歯しかない」といわれていた症例も、「抜かずに治す」徹底した根管治療を行ってきた実績がございます。
歯の根の部分に膿がたまっている、何度も治療を行っているが症状が改善しないなど、治療が困難な患者様がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご相談ください。

●ネット予約はこちらから受け付けております。

                                予約

                  

 

staff staff blog